愛と命とその未来と:豊穣学園 金沢医療技術専門学校

資料請求

MENU

トップ / 歯科技工学科(申請中)

「歯科技工学科」   2021年4月新設! 「歯をつくる」人になろう。 アイシスでは、歯科技工士養成課程を2021年度より新たにスタートします。

全国でも類を見ないカリキュラムで新しいスタイルの歯科技工士へ! 歯と歯のWライセンス アイシスなら、歯科技工士と歯科衛生士、ふたつの国家資格を同時に取得可能!「人生100年」の時代、歯科技工士と歯科衛生士はますます期待が高まる将来有望な歯科医療専門技術職です。

歯をつくる仕事、「歯科技工士」。

歯をつくる仕事、
「歯科技工士」とは。
歯科技工士は、歯科医療に欠かせない義歯やブリッジ、矯正装置などをつくる専門技術職です。さまざまな理由で歯を失ってしまった方々に、健康で豊かな毎日をもたらす職業です。
国家資格の技術職。
だから一生の仕事!
歯科技工士は、知識と技術を認められた人のみが取得できる国家資格です。高齢化が進む日本では口腔内のトラブルも増えているため、今後も仕事は増え続け、活躍が期待される職業です。
全国で歯科技工士が減少。
目指すなら今がチャンス!
社会のニーズが増え続けているにもかかわらず、歯科技工士の数は減少しています。3D プリンタなど新しい技術を身につけた歯科技工士の増加が期待されている今こそ目指すチャンスです。
でも日本の法律では、歯科技工士は患者の口腔内にふれることができません。

現在の日本の法制度では、歯科技工士は患者の口腔内にふれることすら認められていません。自分がつくった義歯を、直接患者に装着したり調整したりすることができないのです。たとえば整形外科の世界では、「義肢装具士」という職業があります。義肢装具士は製作した義肢を患者に装着し調整することができますが、歯科技工士はそれが許されていないのです。

歯科衛生士の資格も持つことで、「患者の口腔内をさわれる」新しい歯科技工士へ!

「歯科技工士は患者の口腔内にふれることもできない」。アイシスはその法制度の矛盾に挑戦するため、歯科技工士と歯科衛生士のふたつの国家資格を取得できる「歯と歯のWライセンス」を実施します。患者の口腔内に直接ふれることができる歯科衛生士の資格も持つことで、「患者と直接ふれあいながら技術を提供できる、新しい歯科技工士を養成する全国でも珍しいカリキュラムです。

歯をまもる仕事、「歯科衛生士」。

歯をまもる仕事、
「歯科衛生士」とは。
歯科衛生士は、歯科医師の指示を受けて診療補助・予防処置・保健指導を行う専門技術職です。歯科医師をサポートし、患者に対して口腔内の健康を守るさまざまな処置や指導を行います。
国家資格の技術職。
だから一生の仕事!
歯科衛生士は、知識と技術を認められた人のみが取得できる国家資格です。社会のニーズが高く働く場所も多くあるため、一生役立つ資格と言えます。女性もたくさん活躍する職業です。
活躍の場が
ますます広がる!
高齢化が進む日本では、歯科医療の重要度が高まっています。また歯科医師を同伴しない単独での訪問指導が可能になるなど、歯科衛生士への期待もますます大きくなっています。
Wライセンス学費優遇制度 歯科技工学科学費年額90万円、歯科衛生学科学費年額50万円 →Wライセンスなら通常140万円が…年額98万円

わずか8万円の追加負担で
「歯科衛生士の国家資格」も取得可能に!

新しいスタイルで働ける、これからの歯科技工士を目指す学生を支援するため、歯科技工学科の学生が歯科衛生学科の課程も受講する場合は、歯科衛生学科の学費を年額42万円減額します。「タダ同然」と言えるわずか8万円の追加負担で歯科衛生士の国家資格の取得も目指すことができます。